ホーム>お知らせ・ブログ>出来事・思い
お客様の声

出来事・思い

学生時代と社会人になってからの学習意欲の違い

みなさん、はじめまして。

広報活動のお手伝いをしています、スタッフYです。

簡単に自己紹介しますと、30代の男性。主に広告制作をしてきました。最近は、ウェブ広告をメインに仕事をしています。

代表の大和さんとは、ここ3ヶ月くらい、色々と一緒に活動してます。

これから、ブログでもちょこちょこ登場しますので、よろしくお願いいたします。
 
 
 
では、僕のデビュー作となる今回は、「学生時代と社会人になってからの学習意欲の違い」について考えてみたいと思います。

子供のころはあんなに勉強が嫌いだったのに、大人になったらすごく学習したくなるという方によく出会います。
例えば、社会人になってから、ビジネス書を何冊も読んだり、スクールなどに通ったり。
人によっては、仕事を辞めてまで学校に行く方もいます。


僕自身に置き換えてみると、恥ずかしながら学生時代は授業中に寝たり、宿題を飛ばしたりしていました。
学生時代と今の自分を比べると、一番の大きな違いは3つあると思います。

  • 自ら、学んでいる
  • 好きだったり、必要なことを学習している
  • 人との繋がりが新たに得られる

社会人は、学ぶということは強制されていません。むしろ、学んで無い人もいます。
意欲の高い人は自ら、学びに行っているのでやっぱりやる気が違います。

学生時代は、数学、国語、理科、社会など基礎知識ばかりを学びます。
しかも、数学・物理などに至っては、仕事で使わない人には何のためにやるのかすらハテナです。
大人になると、好きなことだけ学ぶことができますし、仕事で必要なことだけ学ぶということも可能です。
それは、やはりやる気も違いますね。

また、学生時代はクラスが組まれているので、自動的に友達になります。
社会人になると、会社の人などと友達になるかも知れませんが、人脈を広げるのは正直、とても難しいですよね。

大人の予備校では、そんなやる気のある方々のサポートになるように講座のラインナップなどを開発しています。
トップページにアンケートを受け付けしているので、こんなことが習いたいなどがあれば、リクエストしてくださいね。

こちらからも回答いただけます!→★Click!★

読んでいただいてありがとうございました。

勉強嫌いな私が「学ぶ」を勧めるワケ

こんばんは!大人の予備校 INTERCHANGEの大和です。
日が暮れるのも早くなってきましたね。秋の夜長。どんなふうにお過ごしですか?
 
こうやって、学びの場を提供する仕事をしていると、
「大和さんは勉強好きなんですね」と、言われることが多いですが、
まったく勉強は苦手でして、できればしたくないです。。。
 
イヤイヤやらなくて良い、楽しい勉強だったらいいですよ!
「自分が成長してることを感じられる」勉強ですね。
出来なかったことが出来るようになったり
それがきっかけで、いろんな人に知り合えて、世界が広がったり。
何ともない日常だったのに、小さな成長を実感するだけで、明日がくることがとっても楽しみになる。
そんな勉強が好きです。それを、私は「学ぶ」ことだと思っています。
 
会社員のころ、大きな壁にぶつかって、なんとかしなきゃと思った私が選んだ方法は、
「全く違う環境の人たちと意見を交わせる場に飛び込むこと」でした(これもなかなか勇気がいりますが、それをしちゃうくらい不安だったんです、当時)。
具体的には、日本元気塾という社会人の学びの場に通うことでした。
ぶっ飛んだ講師陣と、百人百様の職業人で構成された、体感型の学びの場でした。
 
こんなに知らないことが多いのか!知ることって、こんなに楽しいのか!
こんなに魅力的な人が集う場があるのか!この人たちと、今を一緒に楽しめてるって、何てハッピーなんだ!
 
楽しい、は、やがて根拠のない自信につながって、「自分のやりたいことは何か?そのために何をするべきか?」を
ワクワクしながら考えるようになりました。
(ちなみに私の夢は、「意欲ある人がだれでも働くことができ、収入を得らえる社会を作ること」です。
遠いゴールかもしれないし、理解されにくい夢かもしれないけど、まず、出来ることからやっていこうと決めて、今があります。)
 
大人の予備校 INTERCHANGEは、
意欲はあるけど、色々な理由で一歩踏み出せない人が、気軽に楽しく学び、色々な人に出会い、成長の喜びを感じられる場を提供します。
講師陣もまた、生徒と共に成長することを喜びと思っている方ばかりです。
20種類以上ある講座を通じて、ぜひ、「学ぶ喜び」を体験して下さいね!
 
皆様の、人生の切り替えの場(インターチェンジ)となりますように!!
 
 
 

熱い夏こそ冷たいものをというのは、逆効果

みなさま

お久しぶりです。大和です。
最近は本当に暑いですね。
夜は健康のために、エアコンをつけずに寝ているので、
朝起きたら、汗だくです(^_^)

そんな時は、冷たいものを食べたり飲んだりしたくなるもの。
でも、実は体にとってはあまり良くないんです。

暑い中、急激に体を冷やしてしまうと、
体に負担が掛かってしまいます。
そのせいで、胃腸の調子が落ちたり、体力が奪われたりと
健康に影響が出ることがありますので、気を付けてください。
冷たすぎないものを取ることを意識してみてください。

同じく、暑い外からエアコンのきいた室内に入る時も要注意。
急激に体が冷えることで、風をひいちゃったりすることもあります。
こちらの対策は、室内に入る前に「ここを入ると、寒いはず」と
心の準備をすることで、いくぶんか寒気が緩和されます。

暑い夏に、体調を崩すと外の熱気と、体の熱気でいつもの2倍以上辛くなります。
こんな時こそ、改めて体に気を付けて、お過ごしください。

大和も今日はとても暑いので休肝日ならぬ、休冷日にして、
自分に優しくしたいと思います。

長文をお読みいただき、ありがとうございました。
では、みなさんインターチェンジでお会いしましょう。

これからやってみたいこと。育児休職を取得した社員のスムーズな職場復帰を支援する。

昨日の東京は、どこもかしこも雪、雪、雪。
今朝も沢山の残雪で足元が危ない(^_^;)こんなに積もるのも珍しいですね。
昨日は成人の日。通勤途中に会った、晴れ着姿の女性が長靴姿だったのが印象的です。
彼女たちはこれから社会で、その能力を活かし、活躍してくれるであろう期待の星。
意欲ある人間が、その力をいかんなく発揮し、きちんと評価される、
そんな社会を作っていきたいと日々思っています。


これまでブログでは、「大人の予備校 INTERCHANGE」でのイベントや講座の話ばかり載せてきましたが
今回は(株)Act,and A(「大人の予備校 INTERCHANGE」の運営会社)が「これからやりたいこと」のうち
1つを書いてみます。


「育児休職を取得した社員のスムーズな職場復帰を支援する」
特に、中小企業の。


もともと私は10年間、会社員として企業に勤めていました。
その間、色々な仕事をする機会をもらいましたが、社員の両立支援施策については
かなり長い間、携わっていました。
いくつも施策は実施しましたが、やって良かったな、と思う、施策があります。
それは、「育児休職を取得した社員のスムーズな職場復帰を支援する」ことです。


育児休職は育児介護休業法(以下、法定)では「基本は1年、最長でも1年半まで」となっています。
(↑すごく簡単に書きましたが)
企業によっては、更に上回る(長い)期間を設定しても良くて、最近はそうする企業が増えてます。
保育園の待機児童問題なんかも、影響している一因ですね。


1年間業務から離れると、パフォーマンスに多少なりとも影響があることは想像できますよね。
でも、その点については、企業はなんとも対策を打ちづらいんです。
法定で「休職中の社員に業務を命じてはならない」ってあるからです。
(↑これもまた簡単に書いちゃいましたが(笑))
「休職中に勉強して、ばっちりスキルアップして戻ってきてください」なんて言えないのです。
ただし、自主的な学びであればOKなので、企業は通信教育やWeb学習を「提供」していて、やるかやらないかは本人次第、としているところが多いです。
(でも、子育てで手一杯なので、多くの人は利用できていないようです)
この点については、あとでまた触れたいと思います。


では、パフォーマンス以外の部分で、スムーズな職場復帰を支援するとはどういうことか?


キーワードは、
・社員としっかり「話をする」こと
・「話をする」ためにいくつかのツールを活用すること

です。


「うわーー。古典的」と思った方。
はい、そうです。でも、凄い大事なことです。


1年間会社から離れていた社員の状況を、企業側はどれだけ理解しているでしょうか?
その社員が復職したら、職場でどういう状況が起こるか、イメージできていますか?

社員側は、1年間会社でどんなことが起こり、今、どういう状況なのか、どれだけ理解しているでしょうか?
復職して、自分がどういう状況になるか、イメージできていますか?


出来ていること、できていないからこそ準備すれば回避できること、色々あるはずです。

それをキチンと「話をする」ことで把握し、準備できれば、
社員も、会社も、良い関係のもと新しいスタートを切ることができます。
復職後に使えるであろう素晴らしい制度が、どんなに沢山あったとしても
復職のタイミングで会社と社員の関係が良くなければ全く意味を成しません。


実際に、この施策を実施するようになってから、
「部下の状況がよくわかるようになった」(上司コメント)
「復職する不安があったが、時間をとってもらったことで色々考えることができた」(復職者コメント)
「育児支援制度の使い方が理解できた。工夫した働き方が可能だとわかった」(上司、復職者双方のコメント)

など、効果は顕著に表れました。


大企業であれば、専任の担当者がいて、この手のことは対応できているかもしれませんが
人材も資金も限られている中小企業では、そこまで手が回っていない状況ではないでしょうか?
しかも、「復職した社員が仕事のカンを取り戻すまで、ゆっくり見守る」なんてことも
そうそうありえないと思います。
できる限り即戦力として戻ってきて欲しい。
つまり、休職前とほぼ同程度(もしくはそれ以上)のパフォーマンスを持ってほしい。
そんな気持ちはありませんか?

そんな気持ちすらなくて、「子育て中の社員が辞めても仕方ない」と、すでに諦めモードになっている企業の方がいらっしゃったら、一言だけ言わせてください。

せっかく労力かけて採用して育てた社員が辞めるのを見過ごすって、凄くコストのロスですよ?
もう一度、同じ時間、同じ経費をかけて採用&育成するつもりですか?
「子育て中の人って、仕事に対する意識が低くなりがちだし」
「いろいろ制約があって活用しづらいし」
そう思っている方もいるかもしれませんが、よくよく社員と話をしてみれば、ちゃんと折衷案は出てくるはずです。

社員側も「子育てしながら会社員は続けられない」と思っているかもしれませんよね。
でも、話をすることで、社員側も「続けられるかもしれない」「もっと●●ができるかもしれない」と一歩踏み出せる可能性が大いにあります。
実際、大人の予備校 INTERCHANGEに通う方で、「本当はしっかり働きたい」「子供がいてもいなくても、自分の力を発揮したい」と言っている方は沢山います。
だから、自主的にスキルアップすることを望み、パフォーマンスで返してくれる人は必ずいます。

子育てを機に非正規雇用社員になることを選ぶ(選ばざるを得ない)方が多いですが
その状況すら変えられるのではないかと思っています。


当社にお声かけいただければ、
前述した「パフォーマンス以外の面」と、上記に述べた「パフォーマンス」の面、
両方について、お手伝いできると思っています。
100%とは断言できませんが、企業によっては、助成金を活用して、
企業側の身銭を切ることなく対策を実施できる可能性があります。


ご興味を持ってくださる企業のご担当者様がいらっしゃったら
是非ご連絡ください。

あ、それから大事なことを書き忘れてました。
育児休職は、なにも女性だけが対象ではありませんよ!!
男性も、ですから!


意欲ある人間が、その能力を発揮し、企業や社会で活躍できるよう
お手伝いいたします。
そうすることで、日本の経済活性化の一助とできたら幸いです。


Logo_2


株式会社 Act,and A

住所:東京都目黒区中根1-6-10 
TEL:03-6421-2955
mail:info@actanda.jp

"赤ちゃん大集合@こどもの城"に行ってきました

今日はビジネスパートナー様のご厚意で、とあるイベントに参加させていただきました。

こどもの城で開催された、「赤ちゃん大集合」という
10何年と長きにわたって開催されているイベントです。

会場は11:30オープンにもかかわらず、10:00すぎから沢山のママ&赤ちゃんが!!!
ベビーカー置き場はあっという間に満車(?)となり、
手ぶら&独り身で乗り込んだ私は、完全にアウェイ状態・・・。
受付で、「本日はお子さんはお連れではないのですか?」と訊かれ、
なぜか妙な罪悪感&疎外感を感じつつ、
しかし心折れてる場合じゃない!ということで
「スタッフです!」と言い張り会場へ。

入口では、でっかいクマさんがお出迎え。(若干、捕獲された感が・・・)

20121107_112906_480x640

そして開場とともに、「こんなにママ&キッズが東京に居るのか??」ってくらいの賑わいに驚く一方で
営業魂に火が付き、がつがつパンフレットを配布(笑)
キャッチしまくったくせにちゃんと説明できないせいで、
そのお客様にはビジネスパートナー様の社員さんが
丁寧にご紹介くださっておりました。

20121107_124834_480x640


感想ですが。
ママのタイプも其々ということがわかりました。
お友達同士で来ていても、全然タイプが違ったりして、見ていて興味深かったです。
「お友達と一緒に決めること」「個人で決めること」が明確に分かれてきている、というか
「自分らしいママスタイル」を持つ方が増えてきているんですね、きっと。

情報過多で、不安を抱えるママも多いと聞きますが、一方で、
今風の逞しさを身に着けたママが増えてきています。
不安を抱えるママには、寄り添う機会を
逞しさを持つママには、さらにチャレンジする機会を
社会がもっと提供していくべきだと思いました。

大人の予備校 INTERCHANGEが何ができるか?
どうしたら社会をもっと面白くできるか?
考えていきたいと思います。

見えないものに作用する

iPS細胞研究所長、京都大学の山中伸弥教授の
ノーベル生理学・医学賞受賞のニュースがメディアを賑わしてますね。

単純に、日本人として嬉しいし、元気の出るニュースです。

この受賞で、より多くの社会的支援は期待でき、それによる人類のQuality of Lifeが
より向上することは間違いないでしょう。

医薬品開発にも多大な好影響があります。
特に内臓疾患系の画期的新薬が、より安全性高く製品化されることには非常に魅力を感じます。
病気の方たちって、一見、病気って分からない方が多いですよね。
だからこそ、日常生活がしんどいし、一日も早く治りたいと思う。
しかも、副作用なしに。

製薬会社を退職した今も、医療業界に興味が薄れないのは、
少しばかりでも、そういう方々のお役にたてた「誇り」みたいなことが忘れられないのと
起業した今、お役に立ちたいと思っている方々に、少なからず共通項を見出しているからです。

共通項とは。

先に述べた、「一見、●●ってわからない」という点です。

一見、普通の男性・女性でも、
「実はワーキングマザー」とか、何かしら社会的制限を受けて窮屈さを感じて生きている人は実は多い。
それって、あえてカミングアウトすることには躊躇を覚える。
そこを、何とかできないか。
更に進んでいうなら、むしろ、その「実は●●」を豊かな個性として活かせないか。

表面的には見えてこない、見せたくないことを
ムリせず、ありのままで活かせるお手伝いが出来れば、という思いで
今日も頑張りたいと思います。

初!撮影!

しばらくぶりにブログを書きます。

今日は、開業以来、初の「撮影」に協力させていただきましたー!

以前、当校のイベントにご協力くださったtekalabo sekkenの大旗さんが、
某女性誌に取材されるとのことで、
当校を撮影場所にご指定くださったのです!嬉しい!

生徒さんはモデルさんと、大旗さんのお友達3名でした。
kidsはホントに小さな子供たちで、泣いたり一緒に参加したり、とっても賑やかな雰囲気で
ずっと楽しい雰囲気が続いていました。

取材って、「こうやって進んでいくんだなー」と勉強にもなって
有意義な時間を過ごさせてもらいました。

大旗さん、ホントに有難うございました!
また是非、当校でもイベントやりましょうね♪
Dsc_2866

最近、よく言われること

最近、よく言われること

9月も2日になり、急に涼しくなりました。
ちょっと不調だった店舗のエアコンも復旧し、とても快適です。

開業して1か月。
色んな方にご縁いただいているわけですが、
ビジネスプランを説明するとき、相手の方から受ける質問のTOP3に入っているのが、このフレーズです。
「大和さん、お子さんはお幾つですか?」

えーーーっと。。。すみません。子供はおろか結婚すらしていません。

世間からみると「子供が居る人が思いつくビジネスモデル」なんですね。きっと。
たしかに、リアル・ママの方が、この手のビジネスをされていることは多いです。

でも、私は当事者でないからこそ、このビジネスをやりたかったんです。
当事者だけが思いを分かち合い、励ましあうだけでは、社会は変わらない。
当事者の状況を客観的に把握し、それを冷静に社会へ発信し、純粋に手助けしたいと思う人と繋げる。
そんなこと必要ない、と思っている人にも、少しは理解してもらえるように活動を続ける。
そうすることで、社会での理解が少しずつ進み、
当事者も、そうでない人も、「自分らしい」生き方を選ぶことができる。
そう思っているからです。

お陰様で、この思いを理解して下さる方が本当に沢山いらっしゃって、
日々色々なサポートをいただいています。
ワーキングマザーや女性の方々、自分らしい生き方に踏み出したいと思う方に
早く当校のことを知っていただき、実際にお手伝いできることを楽しみにしています。

ちょうど1か月たちました

ちょうど1か月たちました

今日も暑い・・・。でもう夕方になると、格段に過ごしやすくなりますね。
夏も終わりに近づいてると思うと、ちょっと寂しいかも。

「大人の予備校 INTERCHANGE」がオープンして、ちょうど4週間、つまり1か月がたちました。
あっという間だったなぁ。

集客に手こずっている現状がありますが、
それでも、お店に興味をもって下さる方や、お店を宣伝しようと協力して下さる方、
とにかく私を色んな角度から、沢山の方がご支援くださって
この1か月を乗り切ることができました。

ほんと、ご縁に感謝です。

9月はどんな動きになるか。
まだまだ読めませんが、目線は上へ、前へ。
しっかり前進していきたいと思います。


20120813_195130

ページ上部へ