ホーム>お知らせ・ブログ>2012年9月
お客様の声

2012年9月

【開催報告】帰国子女に訊く!子供の英語教育 -"これまで"と"これから"-

昨日、特別イベント「帰国子女に訊く!子供の教育 -”これまで”と”これから”-」が無事終了しました。

講演してくださったのは、(株)RCSコーポレーション 東京支社長 氏家翔太さん。
※(株)RCSコーポレーションについてはコチラ

氏家さんご自身も帰国子女ということもあり、とても具体的で興味深いお話を沢山していただきました。

20120929_141357
(写真右上が氏家さん)

言語取得の方法が日本と諸外国では違うことや、教育現場の実情、子供の英語教育に力を入れるならどうすれば良いかなど、かなり突っ込んだ質問も、オープンに回答いただいて、とても充実したひと時でした。
(詳細はここには書けません。すみませんm(__)m)

20120929_144839

参加者からは「子供の学校選びの参考になった」「子育てするうえで知っておくべき内容だと思った」など、とてもポジティブなコメントをいただいています。

氏家さん、お忙しい中ありがとうございました!

今後も皆様のお役にたつ内容を展開していきたいと思っています!ご期待ください!

初!撮影!

しばらくぶりにブログを書きます。

今日は、開業以来、初の「撮影」に協力させていただきましたー!

以前、当校のイベントにご協力くださったtekalabo sekkenの大旗さんが、
某女性誌に取材されるとのことで、
当校を撮影場所にご指定くださったのです!嬉しい!

生徒さんはモデルさんと、大旗さんのお友達3名でした。
kidsはホントに小さな子供たちで、泣いたり一緒に参加したり、とっても賑やかな雰囲気で
ずっと楽しい雰囲気が続いていました。

取材って、「こうやって進んでいくんだなー」と勉強にもなって
有意義な時間を過ごさせてもらいました。

大旗さん、ホントに有難うございました!
また是非、当校でもイベントやりましょうね♪
Dsc_2866

9月29日「帰国子女に訊く!子供の英語教育-"これまで"と"これから"-」いうミニ講演会を実施します。

お天気が不安定な日が続きます。
もう秋だなーと感じるこの頃。

さて、そんな時期ですが、イベントの告知です。

9月29日(土)14:00~15:30に
「帰国子女に訊く!子供の英語教育-"これまで"と"これから"-」いうミニ講演会を実施します。

小学校に英語教育が取り入れられて1年が過ぎました。
現在の日本での英語教育はどうなっているのでしょうか?
語学の習得が更に必要とされる未来、子供たちはどのように英語を身に着けていくべきか。
親はどんなサポートができるのか。
それを考える機会にしたいと思います。

参加費は3200円/1人。1ドリンク付き。
定員も10名と少人数なので、聞きたいことが訊けますよ!

詳細はこちらからご確認ください。
→イベント紹介ページ

ご参加、お待ちしてます!!

【開催報告】大切な人に贈ろう!ブリザーブドフラワー・アレンジメント教室

【開催報告】大切な人に贈ろう!ブリザーブドフラワー・アレンジメント教室

かねてより告知していた第2回イベント、「大切な人に贈ろう!ブリザーブドフラワー・アレンジメント教室」が無事終了しました!

今回は男性1名、女性4名、キッズ1名と大盛況!


20120915

初めてチャレンジする方ばかりで、最初はちょっと緊張した雰囲気でスタートしました。

こういう時にとっても助かるのが、キッズの存在。
純粋無垢なコメントで、会場を和ませてくれます。

アレンジメントのポイントになるカラーを選ぶとき、好きなピンクで全部揃えちゃってママが苦笑いするとか、
とっても微笑ましい光景に、参加者の皆さん、ほっこりした気持ちに包まれてました。


20120915_2

講師の先生に、ひとつひとつ丁寧にご指導頂きながら、それぞれの個性あふれる、とっても素敵なアレンジメントが出来ました!


20120915_4

20120915_3

参加者の方からは、「短時間、集中してモノづくりができるって、楽しい!」「子供を安心して預けていられるから助かる!」「参加者と和気あいあいとできて、新鮮!」と高評価をいただきましたー♪

ご指導くださった中尾先生、ありがとうございます!
また是非、講義をしてくださいね!!

他の写真はこちらからご覧いただけますのでどうぞ☆→大人の予備校 INTERCHANGE Facebook Page

最近、よく言われること

最近、よく言われること

9月も2日になり、急に涼しくなりました。
ちょっと不調だった店舗のエアコンも復旧し、とても快適です。

開業して1か月。
色んな方にご縁いただいているわけですが、
ビジネスプランを説明するとき、相手の方から受ける質問のTOP3に入っているのが、このフレーズです。
「大和さん、お子さんはお幾つですか?」

えーーーっと。。。すみません。子供はおろか結婚すらしていません。

世間からみると「子供が居る人が思いつくビジネスモデル」なんですね。きっと。
たしかに、リアル・ママの方が、この手のビジネスをされていることは多いです。

でも、私は当事者でないからこそ、このビジネスをやりたかったんです。
当事者だけが思いを分かち合い、励ましあうだけでは、社会は変わらない。
当事者の状況を客観的に把握し、それを冷静に社会へ発信し、純粋に手助けしたいと思う人と繋げる。
そんなこと必要ない、と思っている人にも、少しは理解してもらえるように活動を続ける。
そうすることで、社会での理解が少しずつ進み、
当事者も、そうでない人も、「自分らしい」生き方を選ぶことができる。
そう思っているからです。

お陰様で、この思いを理解して下さる方が本当に沢山いらっしゃって、
日々色々なサポートをいただいています。
ワーキングマザーや女性の方々、自分らしい生き方に踏み出したいと思う方に
早く当校のことを知っていただき、実際にお手伝いできることを楽しみにしています。

ページ上部へ